バリ島宿泊ホテル アヤナリゾート > バリ島 挙式・結婚式 > ビーチリゾートブック > 海外挙式 > 今年こそバリ島へ女子旅!ひとり旅!旅のしおりとおすすめスポット8選

2019-12-27

今年こそバリ島へ女子旅!ひとり旅!旅のしおりとおすすめスポット8選

01


バリ島の女子旅・ひとり旅でおすすめのスポットについてご紹介します。どのスポットもおしゃれでインスタ映えする、女子旅にぴったりなスポットばかりですよ♪

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

Megさん(@meg.toca)がシェアした投稿

まずは女子旅・ひとり旅に最適なホテルをナビゲートします。シェラトン・バリ・クタ・リゾートは、クタ・ビーチの中央に位置する全203室のリゾートホテルです。シェラトンとつくだけあってお高いのでは? と思う方もいるかもしれませんが、コスパ抜群のホテルなのです。
嬉しいのは、メインエントランスで自転車の無料貸し出しがあるので、一人でさっとショッピングや観光に行けるところです。プール、スパ、ジムなどはもちろん併設されていて、24時間楽しめます。全室Wi-Fiが完備されているので、海外旅行でも安心してインターネットが使えますよ。
国際空港から約5キロというアクセスのよさも魅力です。バリのリゾートを楽しみたいけれど、あまりお金がない……という方やカジュアルに楽しみたいという方におすすめのスポットです。旅の拠点にもぴったりです。

交通情報:ングラライ空港から車で30分

ボカシテラピー

ボカシテラピーとは、200種以上の香草とココナッツオイルなどを発酵させたオイルとEM(有用微生物)からできたボカシラブオイルをつくる時に発生したカスを利用した酵素風呂のことを言います。たくさん汗をかくのでデトックス効果がたっぷり。このオイルが、1本でスキンケアはもちろん、保湿やマッサージまで使用できる優れもの。購入もできるので、日本へのお土産にも喜ばれますよ。
なお、店内ではオイルを使用したマッサージも行っています。酵素風呂はとても暑いので、「暑いのが苦手……」という人はこちらがオススメです。

交通情報:ングラライ空港から車で20分、ロッテマート手前
営業時間:9:00~22:00
料金:ボカシテラピーRp100,000

ウルワツ寺院

Ayanoさん(@photobyayano)がシェアした投稿

バリ島というとビーチの印象が強いけれど、女子のなかには日焼けを気にする人もいるでしょう。それなら夕方からのアクティビティはいかが? ウルワツ寺院では、夕刻からバリ島の伝統舞踊であるケチャックダンスを見学できます。海の見える会場で迫力のあるダンスを眺められるとあって、バリ島屈指の観光スポットになっています。ここから見るサンセットがまた圧巻! 絶対に忘れられない思い出になりますよ。
ウルワツ寺院へは、ツアーに参加するかカーチャーターするのが一般的です。ツアーやカーチャーターでは、往復の送迎付きなので楽チンです。

交通情報:ングラライ空港から車で40分、クタから車で1時間、ジンバランから車で30分
営業時間:9:00~19:00
入場料:Rp20,000

サヌール

chouxxx8さん(@chouxxx8)がシェアした投稿


ビーチでのんびりと過ごしたいのであれば、サヌールエリアがオススメです。クタのビーチの喧騒とはかけ離れた大人のリゾートで、海もキレイ。観光客も少なくキャピキャピしていなくてかなり落ち着いた場所なので女子一人旅ならぴったりのところです。
街自体は小さいながら、近年ではオシャレなグルメスポットも続々とオープン。ショッピングスポットも増えてきていて、女子の買い物欲もバッチリ満たしてくれます。あまり観光には興味がない、とにかくのんびり過ごしたい、そんな人ならサヌールエリアの滞在だけで満足できてしまうはずです。

交通情報:ングラライ空港から車で30分

福インダ

福インダはバリの民族衣装を着て、メイクもしてもらい、スタジオで撮影してもらえるスポットです。女子は誰でも変身願望があったり、その土地ならではのメイクなどを楽しみたい気持ちがあると思うのでオススメです。
使用されている衣装はすべて実際のバリ舞踏に使用されているもの。同じ衣装でも上下カラーが選べるので、自分好みにカスタマイズできるのも嬉しい。気になるカット数は12カットと大満足。さらにアルバム&画像入りCD付きなので、旅の記念にもぴったりです。アルバムとデータは翌日までホテルに届けてくれますよ。
日本語OKなのも心強いポイントです。近くのエリア(クタ、レギャン、ヌサドゥア、ジンバラン、サヌール、スミニャック)であれば無料送迎もしてくれて、事前にネット予約も可能です。

交通情報:ングラライ空港から車で5分
営業時間:8:00~21:00
料金:$50(円、ルピアでも支払い可能)
バリ民族衣装のフォトスタジオ 福インダ

ポテトヘッド・ビーチクラブ

バリ島にはビーチクラブも充実していますが、そのなかでも1、2の人気を誇るのがコチラです。バリ島で夜遊びも体験したい、だけど少し怖いような……。こちらではそんな心配はご無用。厳重な警備の中、持ち物検査を通ってからの入場なので女子旅・ひとり旅でもまったく心配ありません。
高級感があふれていて夜はほとんどキャンドルの光のみというお洒落な雰囲気でテンションもマックス。とにかく敷地内が広く、DJブースも完備で日本のクラブとは違い音楽もうるさくなく良い感じです。プールも付いていて無料で水着を借りることもできますが、好みのデザインでないこともあるため、事前に着用して行った方が良いでしょう。
料理やドリンクはかなりお値段が張りますが、味はお墨付き。隣の席とも近いので、色んな人とわちゃわちゃと楽しく騒ぐことができます。何と言ってもビーチクラブなので目の前が海で、開放感に溢れていて凄く気持ち良い! プール脇の通路から海にアクセスすることも可能ですよ。

交通情報:ングラライ空港から車で1時間、クタの中心部から車で40分
営業時間:10:00~26:00

カフェ・スモーガス

カフェ・スモーガスはスウェーデンの方が経営しているカフェです。バリ島では北欧系のお店は珍しく、南国の雰囲気にヨーロッパのテイストがマッチしていて女子心をくすぐります。お料理もなんとサンドイッチがメイン。「スモーガス」という名前は、スウェーデン語でサンドイッチを意味するそうです。野菜がたっぷりと入ったサンドイッチは、スパイスのきいたバリ島での南国料理に飽きたときもさっぱりと食べられます。朝7時から夜11時までと、営業時間が長いのも嬉しいポイントです。ゆったりとブランチを楽しんだり、朝早くから観光に行きたい! 夜遅く着いたけど食事がしたい! というときにも重宝するお店です。

交通情報:サヌール地区タンブリンガン通り「ハーディーズ」から徒歩5分
営業時間:7:00~23:00

バグースジャティ

バリ島滞在中にヨガを行いたいという女子も多いのではないでしょうか? そんな人にオススメなのが、ウブドにあるバグースジャティです。なんと言ってもウブドはヨギーナの聖地。広大な自然の中、ヨガやネイチャーウォーク、アクアエアロビクスなどを体験することができます。
バグースジャティのヨガレッスンは、ハタヨガの手法を用いて身体を整えるアセナ、呼吸を整えるプラーナーヤーマ、心を整えるディヤーナの3つのプロセスを融合したスタイル。レッスンを通じて、より健康的で調和の取れた精神、身体、生活へと導きます。各旅行会社ではヨガにヘルシーミール、バリニーズマッサージなどが付くツアーも催行しているので、気軽に利用して心も身体もリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

交通手段:ウブド中心部から車で40分
営業時間:9:00~19:00(ヨガレッスンは9:30~、11:00~、14:00~)
料金:Rp240,000+21%~(ヨガレッスン)

バリ島の女子旅・ひとり旅をする時の注意点

いくらバリ島が微笑みの島で親日家が多いとは言え、女子旅・ひとり旅ではいくつか注意しておきたいことがあります。

詐欺

スーパーなどでは詐欺被害に合うことは少ないですが、値札がついていない交渉制のショッピングや両替所などでは金額を誤魔化されることがあります。しっかりと確認するようにしましょう。事実、筆者も最終日までは詐欺に合うことなく無事に過ごしたのですが、最終日の空港の売店で明らかにお釣りが少なかったことがあります。それまでは気をつけていたのに……後悔先に立たず。
そして盲点なのが、SIMカードです。滞在中にインターネットを使用することから、到着した空港などでSIMカードを購入する人も多いでしょう。提示されている金額を支払ったにも関わらず、急にインターネットが使用できなくなることもあるそうです。これは購入した容量以下のSIMカードを購入させられた可能性があります。こちらについても購入時にしっかりと確認を。

衛生面

水は飲んではいけない、というのは知っていても、食べ物や食器については「こんなものか」と納得してしまいがち。とくにワルンなどで食事をする際はそうですね。実はその食べ物、昨日からの使いまわしかもしれません。その結果、お腹を壊してしまうこともあるので、提供された時には見た目や臭いをしっかり確認してください。市場で生鮮食品やフルーツを購入する際も、ハエが飛んでいるようなところは危険です。

日焼け止めはマスト

街歩きしかしないし、ビーチには行かない、という場合であっても日焼け止めはマストです。バリ島の太陽を甘く見てはいけません。火傷状態になって、せっかくの滞在なのに顔写真を撮影できない悲惨なことになってしまう可能性があります。実際筆者も日焼けで目や顔が膨れてしまい、大変なことになりました。日焼け止め+帽子やサングラスでしっかり日差しから防御、かつ、万が一日焼けをした時のことを考えて日本からパックなどを持参しましょう。

ナンパ師には要注意!

バリ島に限った話ではありませんが日本人旅行客は金のなる木だと思われているため、繁華街やビーチで声をかけてくる男性が多いものです。筆者の女の友人は見事に騙されて、滞在中は現地の男性に貢いでしまいました。とくにひとり旅の場合は、現地の人と交流を持つ時間を楽しく感じてしまいます。信頼できる相手なのかどうかを見極めてから接するようにしましょう。

おわりに

どれも素敵なスポットばかりで、思わずバリに旅したくなってしまったのでは?
バリを旅してリフレッシュしたい!!という方は、早速ホテルを予約しちゃいましょう♪

【公式宿泊予約サイト】バリ島リゾートホテル アヤナリゾート&スパ


カテゴリー

人気の記事

このブログについて

素晴らしいオーシャンビューと比類なきサービスを満喫できるクリフトップのバリ島高級スパリゾートホテル「アヤナ リゾート&スパ バリ」が運営するバリ島の情報メディアです。海外挙式・結婚式の基礎知識から観光情報まで、バリにまつわる情報をお届けします。