バリ島宿泊ホテル アヤナリゾート > バリ島 挙式・結婚式 > ビーチリゾートブック > 海外挙式 > バリ島でおすすめのレストラン・グルメ最新情報まとめ

2019-12-27

バリ島でおすすめのレストラン・グルメ最新情報まとめ

01


バリ島でおすすめのレストラン・グルメ最新情報について一般の方の声を集めて紹介します。

アロン アロン カフェ

タンパクシリンの「アロン アロン カフェ」をお勧めする理由は、ライステラスの絶景を臨みながら食事ができるシチュエーションあります。ライステラスは棚田のことですが、インドネシア料理に舌鼓を打ちながらもバリ島の自然の風景を体感することができます。棚田は奈良県明日香村にも存在していますが、日本国内の棚田との違いを比較してみると興味深いカフェです。特にお勧めの人はバリ島初心者、カップルや新婚さんなどです。棚田の風景は記念写真の風景にも適しているスポットです。新婚旅行のカップルにとって一生の記念に訪れたいカフェです。インドネシア料理は美味しく食べたいものですが、こちらのカフェはネーミングも覚えやすくお勧めです。

ナシ・ゴレン

バリに訪れた人たちの口コミ人気1位と言うことで頼みました。インドネシア料理と言うことで、このグルメは日本人でも食べることが出来る味付です。現地でも人気があり、バリ島を訪れた日本人や観光客にも大人気とのことでした。日本でも材料を別ので代用して作れることが出来るかもしれませんが、現地で食べる本場の味が一番おいしいと思います。インドネシアの炒飯とのことで、しょうゆで味付けされ、目玉焼きも乗っています。一番の有名どころは、やっぱり「ナシ・ゴレン」だと思います。ホテルにレストランに、ローカル食堂にとどこでもある料理なので見つけやすいと思います。グルメ好きな方や食べるので悩んでる方には是非この料理をおすすめします。

バビグリン

バビグリンはバリ人ならみんな大好きです。バビとはインドネシア語で豚の事でバビグリンは豚の丸焼きです。バリヒンドゥーのお祭りの時に食べるものですが、バビグリンが大好きなバリ人は普通の日でもバビグリン屋さんに食べに行きます。豚のお腹にいろんな香草やスパイスを詰めて丸焼きにします。それをお店ではご飯の上に焼きあがった豚さんのいろんな部分を乗せていただきます。甘辛く味付けされた豚串や、パリパリに焼かれたペキンダック状態の皮、腸の部分はウインナーにしたり、カリカリに揚げたりします。ローカル地域では150円~ 食べられます。観光地やツーリストがよく来るお店は500円くらいする所もあります。美味しいお店はガイドさんに聞くのが一番かもしれません。バリ人以外のガイドさんはイスラム教の方も多いので気を付けてくださいね。

ジンバランビーチのシーフードレストラン

空港を出て、クタビーチと反対側にあるのがジンバランビーチです。クタと違い、素朴で落ち着いた雰囲気のジンバランで食べられるシーフードをぜひオススメします。レストランは、夕暮れが近づいてくるとビーチにテーブルやシーフードが並べられてオープンします。並べられた魚や貝から好きなものを選び、調理法を伝えればオーダーは完了。だんだんと海に落ちていく夕陽を見、波の音を聞きながらシーフードを満喫するという贅沢を味わえます。夕食には少し早いですが、17時前にはレストランに着くのが理想。大きな丸い夕日は、日本ではなかなか見られない絶景です。日が沈んだ後、真っ暗な中松明の明かりだけで味わうのもまた貴重な体験。シーフードは種類も豊富でシンプルな調理法でも十分美味しい。バリ島ならではの贅沢な夜が過ごせます。

ウブド イイガワラン

ウブドにある「iiga warung」は、観光客に大人気のレストランです。ウブドを観光中のランチに立ち寄りました。入り口近くでは、屋外のバーベキューグリルでたくさんのポークスペアリブを焼くスタッフさん。気軽に写真撮影に応じてくれました。昼前に行ったのですが、開放的で広い店内に、すでに数組の外国人たちが食事を楽しんでいました。一番のオススメはポークスペアリブとのことで、私たちもそれをオーダー。バリで食べた食事の中で一番のお気に入りと言っても過言ではないです。骨付きのとってもやわらかいお肉に、甘めのソースがかかっていて本当に美味しかったです!日本でも同じ味が食べたいのですが、レシピが分からず。日本人の口にとっても合うので、ウブド観光の際はぜひ。

ビーチフロントレストランスンダラ

ビーチフロントレストランスンダラは、食事の施設や、シャワーやトイレなどが一つに集まってできたレジャー施設「ビーチクラブ」の中にあるレストランです。その名のとおり海のすぐそばにありますので、目の前に広がる雄大な海を眺めながらお食事を楽しめます。ビーチフロントレストランスンダラは、バリ料理からハンバーガーのような軽食まで様々な料理を味わうことが出来ます。ステーキやシーフードなども人気のメニューです。昼はカジュアルに、夜は大人の雰囲気、と時間帯によって雰囲気ががらりと違うので、ぜひどちらも行ってみてください。「スンダラ」は現地の人の言葉で「美しい」を表すそうです。海を楽しみながら食事をするのにはぴったりのレストランです。

ラスティックダイニング・バイ・シェフマルクトリチェス

ラスティックダイニング・バイ・シェフマルクトリチェスは、断崖絶壁の上に建てられたレストランです。地元の人からも高級レストランとして知られています。インド洋や沈む夕日を眺めながら、ゆったりと食事を楽しむことが出来ます。レストラン内にはなんとプールもあり、食事を楽しんだ後はプールサイドでゆったりと時間を過ごすこともできますよ。ラスティックダイニング・バイ・シェフマルクトリチェスはスパニッシュがメインで、本格的なコース料理が主なのですが、希望すればタパスを楽しむこともできます。このラスティックダイニング・バイ・シェフマルクトリチェスは、HPもなく宣伝もほとんどしていないので口コミで人気が広がっている、いま人気のレストランです。

お弁当

バリ島に行った時、地元の人々で賑わう市場で美味しそうな匂いに誘われてお弁当のようなものを購入して食べました。私が食べたものは、ミーゴレンというバリ風焼きそばとゆで卵、サラダ、ピーナツを甘辛く炒めたもの、インゲンのような豆を炒めたもの、甘辛く煮た鶏肉などが入っており、これらの料理の下にご飯が敷き詰められていました。ぎっしりと入っていてボリュームたっぷりでした。値段は日本円で500円ほどでした。日本人の口に合いそうなものばかりで食べやすく、とても美味しかったです。何よりも地元の人が食べているものを食べることができるので、市場でお弁当を買ってみるのをお勧めします。色々な種類のトロピカルフルーツの売店もあるので、デザートにフルーツを食べることもできます。

ルアックコーヒー

バリ島といえば名産品で有名なルアックコーヒーの原産地です。農園は幾つか点在しており以下のような体験が可能です。そもそもルアックコーヒーとは、ジャコウネコにコーヒー豆を食べさせた後、ジャコウネコの体内から出てきたコーヒー豆で抽出するコーヒーのことです。ジャコウネコの糞の成分で本来のコーヒーの味とは異なる風味が作り出されるという仕組みです。農園ではコーヒーの木以外にもジャコウネコを目にすることができます。ルアックコーヒー豆の手作り体験のあとは、早速入れたてのルアックコーヒーを味わうことができます。ジャコウネコは飼育されており夜行性ですが、一見の価値があります。アグリツーリズムが好きな人にお勧めのスポットです。


カテゴリー

人気の記事

このブログについて

素晴らしいオーシャンビューと比類なきサービスを満喫できるクリフトップのバリ島高級スパリゾートホテル「アヤナ リゾート&スパ バリ」が運営するバリ島の情報メディアです。海外挙式・結婚式の基礎知識から観光情報まで、バリにまつわる情報をお届けします。