バリ島でリゾートウェディング、結婚式・海外挙式ならアヤナリゾート&スパ > バリ島挙式・ウェディングの手順とポイント総まとめガイド > スタッフブログ > バリ島でウェディング・挙式・結婚式をするときのウェディングドレスはどうしたらいいの?  

どんなドレスがあるのか知りたい方や、
手ぶらで豪華なバリ島挙式に
興味のある方はこちら

まずはお問い合わせまたはサロンでご希望をお聞かせください。

  1. STEP1
  2. STEP2
  3. STEP3
お問い合わせ内容 【必須】


※相談会参加ご希望の方は、STEP3で希望日時を記載ください。
※東京サロンのみでの開催となります。

お式の予定時期 【必須】
※日程が具体的な場合は、下記の『質問・相談内容』にご記入ください。
お名前 【必須】
フリガナ 【必須】
  1. STEP1
  2. STEP2
  3. STEP3

メールアドレス 【必須】
※パソコンのメールアドレスをおすすめします。必ず半角にてご入力ください

※携帯のメールアドレス(i.softbank.jp, ezweb.ne.jp, docomo.ne.jp)の方は特に受け取れないとの連絡が多いので、お使いのメールアドレスの設定が、「インターネット経由のメールを受信拒否」とされていないか、また「ドメイン指定受信」を設定している方は 「ayanaresort.com」 からのメールを受信できるように設定してください
電話番号 【必須】 (自宅または携帯電話)
お住まいの都道府県 【必須】
  1. STEP1
  2. STEP2
  3. STEP3
質問・相談内容 【任意】
※ご希望の日程や会場、招待人数などの
ご要望があれば、お気軽にご記入ください。
また、お急ぎの場合はその旨をご記入いた
だければ、優先してご案内させて頂きます。

20192.28

2020.02.05(最終更新)

バリ島でウェディング・挙式・結婚式をするときのウェディングドレスはどうしたらいいの?


09_01
バリ島ウェディングで気がかりなことのひとつが、ウェディングドレスです。
女性なら誰しも憧れる純白のウェディングドレス。できれば自分に合ったものを、こだわって選びたいですよね。
ですが海外ウェディングの場合は、何度もドレスの打ち合わせできる日本とは異なり、ドレスを手配するのにも一苦労なイメージがあります。バリ島ウェディングの場合、ウェディングドレスを手配する方法は4パターンです。

日本で試着して、現地でレンタル

海外挙式で一番多いのはこのパターン。バリ島の挙式会場の衣裳ショップと提携している日本の衣裳店がある場合、日本のショップで試着して、バリ島のショップで同じ物をレンタルするということができます。

メリット

  • 時間をかけてウェディングドレスを選ぶことができる
  • 自分に合ったサイズのウェディングドレスを用意することができる
  • アクセサリーや靴など、小物も合わせてレンタルすることができる
  • ドレスを持っていく手間がかからない(スーツケースがかさばらない)
  • 現地でのプレスやアテンドなど、ドレスのケアも任せられる

デメリット

  • 対応するショップが少ないので、ウェディングドレスの種類が限られることもある

 

日本で購入して持ち込む

バリ島で挙式をし、帰国後に披露宴を兼ねた1.5次会パーティーを行う場合、それぞれでウェディングドレスを着ることになります。挙式、1.5次会と2度レンタルをするよりも、1着購入してしまう方が安上がりになることも。インターネットなどで購入すると、1万円程度のプチプライスで収めることも可能です。日本で購入して持ち込む場合のメリット・デメリットをまとめてみましょう。

メリット

  • 誰も袖を通していない、自分だけのウェディングドレスを着ることができる
  • 豊富な種類の中から時間をかけてウェディングドレスを選ぶことができる
  • 自分に合ったサイズのウェディングドレスを用意することができる
  • アクセサリーや靴など、小物にもこだわることができる
  • 1.5次会を行う場合、安上がりになることも

デメリット

  • 持っていく手間がかかる
  • 持ち込み料を取る会場がある
  • 現地でのプレスなど、ドレスのケアに追加の費用がかかることがある
  • アクセサリーや靴など、小物もすべて購入しなければならない
  • ほかに使いようがない(出番がない)

 

日本でレンタルして持ち込む

挙式会場提携の衣裳会社以外の日本の店舗で、1.5次会会場側の衣裳提携店から、レンタルして持ち込むというパターン。レンタル代は、衣裳を2回借りるよりも抑えられるので、お得な場合が多いです。

メリット

  • 豊富な種類の中から時間をかけてウェディングドレスを選ぶことができる
  • 自分に合ったサイズのウェディングドレスを用意することができる
  • アクセサリーや靴など、小物も合わせてレンタルすることができる
  • 1.5次会を行う場合、安上がりになることも

デメリット

  • 持っていく手間がかかる
  • 持ち込み料を取る会場がある
  • 現地でのプレスなど、ドレスのケアに追加の費用がかかることがある

現地でレンタルする

バリ島に到着した後、現地でレンタルすることもできます。式場プランにセットになっている場合もありますね。

メリット

  • 持っていく手間がかからない
  • 現地でのプレスなど、ドレスのケアも任せられる
  • アクセサリーや靴など、小物も合わせてレンタルすることができる

デメリット

  • 限られた時間の中で、限られた種類の中から選ばなければならない
  • サイズの用意がない場合もある

ドレス選びと扱いの注意ポイント

09_02

バリ島ウェディングでは屋外での移動や写真撮影が多くなるので、軽やかな素材とデザインのものを選ぶといいでしょう。日本で手配して持ち込む場合は、ドレスを畳んで持ち運ぶことになるので、しわになりにくい素材を選びましょう。ドレスショップの店員さんに聞いてみるといいですね。

ドレス専用のキャリーバックも存在します。ショップで購入・レンタルできるので、相談してみましょう。飛行機では、預け荷物にするとロストバゲージの恐れがあるので、機内持ち込みできるように注意してください。ホテルに着いたらすぐに取り出して吊るします。シワがある場合にはプレスなどの手配も。挙式のときに、もっとも美しい状態を保てるよう細心の注意が必要です。

そして、忘れてはならないのが旦那さまの衣装。自分だけ純白のウェディングドレスで、旦那さまがバリ島の民族衣装だったら、つりあいが取れません。インスタ映えもがっかりな仕上がりになってしまいます。旦那さまにも、ドレスに合わせたコーディネートを手配しておきましょう。

まとめ

ウェディングドレスの手配方法はいろいろありますが、式場によって持ち込みができるかどうかなど対応が異なります。ウェディングドレス選びを始める前に、手配会社や式場のコーディネーターさんに相談しておきましょう。

また、忘れてはいけないのが、ドレスの下に装着する補正下着。体のラインを美しく演出してくれる重要なアイテムなので、こればかりはしっかり日本で手配して持参しましょう。せっかく美しいドレスでも、体のラインがだらしないと台無しになってしまいます!

なお、アヤナでは多数の提携ドレス店よりお好みのドレスをコーディネートできます。ドレスでお悩みの際はお気軽にご相談ください。

アヤナウェディング提携ドレス店「ホワイトドア」の人気ドレスのご紹介
提携ドレス店「銀座クチュールナオコ」からのお勧めドレスご紹介
提携ドレス店「ホワイトドア」からのお勧めドレスご紹介
新提携ドレス会社 | Authentique by La Reine, La Reine

最終更新日:2020.02.05

ご希望に合わせていろいろ選べる多彩なプランをご用意

新着情報

[2020-01-17] 【挙式レポートを更新しました】バリ島人気NO.1日本人フォトグラファー橋本忠義指名の充実リゾートウェディング [2019-12-19] 【挙式レポートを更新しました】トロピカルガーデンやビーチなど撮影充実のアヤナウェディング [2019-12-18] 【挙式レポートを更新しました】どこをとってもエレガントさが際立つトゥリスナウェディング [2019-12-18] 【挙式レポートを更新しました】ウェディングからパーティまでアットホームなホテルウェディング [2019-12-18] 【挙式レポートを更新しました】南国のトロピカルフラワーに囲まれたアヤナウェディング [2019-12-13] 【挙式レポートを更新しました】馬車などアヤナならではの撮影を色々お楽しみいただけたウェディング [2019-12-04] 【挙式レポートを更新しました】基本プラン内の撮影でもバラエティー溢れる写真を残せるアスティナウェディング [2019-12-04] 【挙式レポートを更新しました】周辺撮影も素敵な写真がたくさん残せるアスティナウェディング [2019-12-03] 【挙式レポートを更新しました】スワロフスキーのシャンデリアが美しいトゥリスナチャペルでのエレガントウェディング [2019-12-03] 【挙式レポートを更新しました】2月の雨季の時期でも晴れ渡るビーチでの撮影が叶うバリウェディング